大石病院通信

広島県福山市川口町の大石病院です

内臓脂肪ダイエット

 

f:id:oishi-hp:20181109213206j:plain

メタボリックシンドロームという言葉はよく聞くと思いますが,詳しい情報についてはあまりご存じないのではないでしょうか?医療の現場では「痩せなさい,体重を減らしなさい,運動をしなさい,食事量を減らしなさい」など指導する立場にありますが,なかなかうまくいかないのが実情です.

私(50歳、男性、職業医師)は今年の人間ドックでウエストが85センチ(女性の場合90センチ)を超えていたのでメタボ予備軍と宣告されました.血圧やコレステロール,血糖値には異常がなかったのですがオプションでアディポネクチンというホルモンを測定した結果,メタボ予備軍ではなくメタボリックシンドロームだということがわかりました.厳密には必須項目である腹部肥満と、血圧・空腹時血糖・脂質(中性脂肪・HDLコレステロール)の基準のうちいずれか2項目を満たす必要があります

正直,軽くショックを受けましたが現実を見なさいという神様のお告げだと確信しダイエットすることを決意しました.学生時代は陸上競技をしており自分は太らない体質だと根拠のない妄信を抱いていたのですが、長年の不摂生が招いた結果を50歳を前にしてようやく気づいたのです.

 次に現状把握するために内臓脂肪を測ってみました(保険は効きません).ヘリカルCTで臍の部分でワンスライスだけ撮影して内臓脂肪の面積を計測するソフトを使用しました.

それでは論より証拠,内臓脂肪の変化を見てみましょう.

初回.赤い部分が内臓脂肪で青い部分は皮下脂肪です.

f:id:oishi-hp:20181110094459p:plain

ダイエットを初めて3ヶ月,内臓脂肪も皮下脂肪も減少しています.

f:id:oishi-hp:20181110094517p:plain

6ヶ月目,さらに内臓脂肪が減少しました.皮下脂肪はほとんど変化ありません.

f:id:oishi-hp:20181110094632p:plain

グラフにすると下図のようになります.初回,内臓脂肪面積(VFA)が190.5平方センチと診断基準が100平方センチ以上がメタボだとするとおよそ2倍もあります.これをみて戦慄が走りました.

f:id:oishi-hp:20181110094808p:plain

3ヶ月後,123.6平方センチと減少しています.あと少しという感じです.

f:id:oishi-hp:20181110094824p:plain

6ヶ月後,88.1平方センチと診断基準を下回りました.BMIの変化はわずかです.

f:id:oishi-hp:20181110094853p:plain

以上のように内臓脂肪ダイエットは成功しました!

ダイエットを決意して最初に読んだ本です. 

内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法 (幻冬舎新書)

内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法 (幻冬舎新書)

 

 以上の記事は個人の考えに基づいており,インターネットを通じて健康情報をお探しの際にはヘルスリテラシーについてご注意ください.

参考サイト 

ヘルスリテラシーとは | 青森県立保健大学