大石病院通信

広島県福山市川口町の大石病院です。

オレンジ通信 2018年 6月号

 

すっきりとしない天候が続いています。梅雨入りがすぐそこまで近づいてきているようですね。蒸し暑かったかと思うと、梅雨冷えの肌寒さを感じたり、気温の変化がある季節です。本格的な夏を前に体調を崩しませんよう、体調管理には気をつけてお過ごしください。さて、今月はさっぱりと美味しい【豚しゃぶこんにゃく麺】をご紹介します。

 

f:id:oishi-hp:20180530153545j:plain

 

材料/2-3人分

・糸こんにゃく    1袋(240gくらい)

・もやし     1袋

・ねぎ      5本程度

・豚しゃぶ用ロース薄切り   200g

【たれ】

・めんつゆ(ストレート)    大さじ4

・オイスターソース    大さじ4

・ごま油            大さじ2

・お酢           大さじ1

※お好みでいりゴマ 少々

 

栄養価/1人分(およそ)

エネルギー:370Kcal たんぱく質:21.1g 脂質:26.1g 炭水化物:11.9g 食物繊維総量3.8g 食塩相当量:3.6g

 

作り方

①糸こんにゃくともやしは下ゆでをして冷ましておきます。

②鍋に70~80℃の湯を沸かして豚肉を4~5枚ずつ広げて入れ、色が変わったらざるに取り出す。同様にして残りもゆでて、粗熱を取っておきます。

③ねぎは小口切りにする

④ボールに【たれ】の調味料を合わせ、糸こんにゃくともやし、豚肉を混ぜあわせる。たれはかけても、つけても使えます。

⑤皿に盛り、ねぎとゴマをトッピングしたら出来上がりです。

 

最近よく、【酢キャベツ】や【酢玉ねぎ】を食べていると言われる方のお話を良く耳にします。お酢は昔から健康によいと言われていて、誰もが知っている健康食材ですよね。お酢はそのまま飲まなくても、食事と一緒に摂ることで食後の血糖値の上昇が緩やかになるということが実証されていますので、糖尿病の方にはおすすめです。

 

でも、身体に良いからといってたくさん摂ればよいというものではありません。それに市販の“お酢を使ったドリンク”には、ブドウ糖や砂糖が使われているものがほとんどなので、逆に血糖値をあげてしまう可能性もあります。

 

お酢は1日に大さじ1杯取摂れば、十分にその効果を発揮してくれるので、いつもの献立に酢の物を加えたり、煮込み料理のアクセントに使うと上手に無理なく使えますね。

 

今回ご紹介したレシピはエフエムふくやま(77.7MHz)6月12日(火)19:00~放送のブックアンソロジー【菜摘子先生のオレンジ通信☆】でもご紹介しますので、ぜひそちらもお聞きください。