大石病院通信

広島県福山市川口町の大石病院です。

オレンジ通信 2018年 3月号

冬の厳しい寒さも和らぎ、日ごとに暖かさを感じられるようになりました。春はもうすぐそこですね。

さて、今月ご紹介するレシピは・・・【菜の花と卵のふんわり中華風炒め】です。

f:id:oishi-hp:20180227145937j:plain

材料/4人分
・菜の花   1束(160g)
・玉ねぎ   1/4玉(70g)
・人参    1/4本(70g)
・豚挽き肉   200g
・しめじ   1パック(100g)
・卵     2個
・(炒め用)ごま油 大さじ1

●調味料●
・鶏がらだし      大さじ1
・塩          小さじ1
・こしょう        少々
・にんにくパウダー   少々
・こいくち醤油     大さじ1/2

 

栄養価/1人分
エネルギー:216Kcal たんぱく質:14.8g 脂質:14.5g 炭水化物:7.1g カリウム:516㎎ 鉄:2.3㎎ 葉酸:162㎍ 食物繊維総量:3.4g 食塩相当量:1.9g

 

作り方
①菜の花は良く洗い、さっと下ゆでして3等分程度に切ります。
②人参と玉ねぎは薄切りにして、しめじは石付きを切り落としておきます。
③フライパンに分量のごま油の半分程度を入れて炒り卵を作り、一度お皿に取り出しておきます。
④同じフライパンに残りのごま油を加え、人参・たまねぎ・しめじ・豚挽き肉を炒め、しんなりしたら、鶏がらだし、にんにくパウダー、塩コショウで味付けをします。
⑤最後に下ゆでした菜の花と、先に取り出しておいた炒り卵を加え、仕上げにしょうゆをまわしかけてさっと炒め合わせたら完成です。

 

スーパーの店頭にはそろそろ春を感じさせる野菜たちが並び始めています。中でもこの時期にお勧めの春野菜は菜の花です。

菜の花は、βカロテンや鉄、カルシウム、葉酸、カリウム、ビタミンB群、ビタミンC、食物繊維・・・などなど豊富な栄養素をバランスよく含んだ、野菜の中でもとりわけ栄養価の高い緑黄色野菜です。緑黄色野菜の定番でもあるほうれん草と比べても、鉄分は1.5倍、カルシウム3倍、葉酸1.6倍と高栄養!

 

高い抗酸化作用で老化防止や免疫力向上、お肌のアンチエイジングにも効果的ですし、特に多く含まれる葉酸は、赤血球の元になる「赤芽球」の生成をサポートしてくれるので、貧血気味の方や若い女性、妊娠中の健康維持にも効果的です。

 

本日ご紹介したレシピはエフエムふくやま(77.7MHz)3月13日(火)19:38~放送の【菜摘子先生のオレンジ通信☆】でもご紹介しますので、ぜひこちらもお聞きください。